ニュースリリース 2008年7月29日

東洋計器(株)
緑のカーテン 涼を求めて夕顔を栽培

2008年7月29日

東洋計器(株)(松本市 土田泰秀社長)では、本社松本工場の事務所の前に夕顔を栽培し、緑のカーテンで日よけ対策をしています。

夕顔を栽培し始めたのは、今から3年前。直射日光を受ける事務所で、快適に楽しく夏を過ごすための工夫として植物を栽培することとなり、栽培をするなら収穫の楽しみも欲しいと、夕顔に決定しました。

緑のカーテンの画像

夕顔の緑のカーテン

夕顔は信州ではよく食卓にのぼる食材で、あっさりとしたくせのない味が特徴です。味噌汁の具にしたり、あんかけにしたりして食べます。

社員からは、「直射日光が当らないだけでも随分と涼しく快適になった」「緑のカーテンが目に美しい」「白い花を咲かせ実を結ぶ夕顔の成長が毎日楽しみ」「収穫して家で食べるのが年間行事になっている」などの声が聞かれ、夕顔は東洋計器(株)社員にとって夏の風物詩となっています。

夕顔を栽培の画像

夕顔を栽培