ニュースリリース 2009年4月16日

東洋計器(株)
「オール無線システム」充実 広域型の中継無線方式を販売開始

2009年4月16日

東洋計器(株)(松本市 土田泰秀社長)では、本年3月より、大型高層マンションや戸建て簡易ガス団地でのガス集中監視システムに適した「オール無線システム〔広域型〕」の販売を開始しました。

これはPHSと特小無線による「オール無線システム」の広域化を図るもので、ガス事業者様からの「PHS設置台数を抑えながらも広域エリアをカバーするシステムを構築したい」という声に応えたものです。

オール無線システム〔広域型〕

大型高層マンションや戸建て簡易ガス団地に最適なオール無線システムです。親機の中継無線PHS送信機「PHS-RW」と中継無線子機「MU-RW」から構成されます。

親機の中継無線PHS送信機1台で150台の無線子機を管理できます。親機は一斉検針機能をもち、子機に接続した最大150台のマイコンメーターを1回の通信で検針でき、これにより通信時間が短縮され通信コストを抑えられます(例:同一地域内150件=約3分・30円)。

中継無線子機は2中継3段の通信が可能で、これにより通信距離は従来の無線システムの約3倍、通信エリアは約9倍となります。また自動ルート検索機能搭載により、最短で確実な通信ルートを自動的に選択します。

中継無線PHS送信機「PHS-RW」の画像

中継無線PHS送信機「PHS-RW」

中継無線子機「MU-RW」の画像

中継無線子機「MU-RW」

中継無線PHS送信機「PHS-RW」の特長

  • PHS内蔵送信機
  • 一斉検針機能搭載
  • 電源式(電池での使用も可)
  • デュアルバンド方式採用(2012年に予定されているPHS周波数帯移行に対応)

中継無線子機「MU-RW」の特長

  • 特小無線によりマイコンメーターと送信機間の配線が不要に
  • 子機は標準で中継機能を有し、必要に応じて自動的に中継機として機能
  • 2中継3段通信可能
  • 自動ルート検索機能搭載
  • マイコンメーター2台、接点機器2台(最大3台)接続可能(内1ポートは切替方式)

活用例(大型高層マンション420戸)

親機3台で420台のマイコンメーターを管理の画像

親機3台で420台のマイコンメーターを管理

活用例(大型高層マンション420戸)の画像

オール無線システム〔普及型〕

新規に開発したオール無線システム〔広域型〕とともに、小規模な集合住宅やバルク供給先、遠隔地にはオール無線システム〔普及型〕が最適です。PHS型送信機PHS−RⅡ」と特定小電力無線機「MU-05W」から構成されます。

PHS型送信機・特定小電力無線機ともに電池式のため、電源確保の難しい現場に最適です。また低コストで設置いただけます。

PHS型送信機は、電池寿命が10年で双方向通信が可能です。メーター最大144台(無線親機2台×無線子機72台)接続可能です。

特定小電力無線機は、LED電波強度測定方式採用により設置時の通信テストが簡単に行えます。

PHS型送信機「PHS−RⅡ」の画像

PHS型送信機「PHS−RⅡ」

特定小電力無線機「MU-05W」の画像

特定小電力無線機「MU-05W」

PHS型送信機「PHS−RⅡ」の特長

  • PHS内蔵送信機
  • 電池式(電池寿命10年一定の条件のもと)
  • デュアルバンド方式採用(2012年に予定されているPHS周波数帯移行に対応)

特定小電力無線機「MU-05W」の特長

  • 電池式(電池寿命10年(一定の条件のもと))
  • LED電波強度測定方式採用
  • 特小無線によりマイコンメーターと送信機間の配線が不要に
  • 親機1台に対し、標準で子機16台、最大72台接続可能

尚、オール無線システム〔広域型〕〔普及型〕は、同一の集中監視センターで一元管理が可能なため、現場に合わせて方式を選択いただけます。また、東洋計器(株)本社内にある共同集中監視センター「東洋計器マルチセンター」でも利用でき、特にWeb検針システム「RINDOU.NET (りんどうドットネット)」を活用することで、インターネット経由でマイコンメーターの随時検針や緊急遮断などを簡単に行えます。「東洋計器マルチセンター」では、今回販売を開始したオール無線システム〔広域型〕中継無線方式の受信環境が全て整っており、必要な現場にすぐに導入いただけます。

東洋計器(株)では、「S+テレメ」の普及を通じ、LPガス事業発展に貢献してまいります。