ニュースリリース 2009年10月26日

「太陽光+ガス」テレビコマーシャル制作・放映
サンリン(株)・岡谷酸素(株)・東洋計器(株)

2009年10月26日

サンリン(株)(東筑摩郡山形村 柳澤勝久社長)、岡谷酸素(株)(岡谷市 野口行敏社長)、東洋計器(株)(松本市 土田泰秀社長)は、「太陽光+ガス」のテレビコマーシャルを制作し、放映しています。

今回のコマーシャル制作にあたっては、長野県のTBS系放送局であるSBC(信越放送)の“太陽光でエコエコ!”企画に参加したもので、放映の狙いは長野県内で広く「太陽光+ガス」を普及させることです。コマーシャル自体は各社独自の内容ですが、共通のキャラクター「ソラちゃん」を登場させることにより、親しみやすくまたインパクトのある仕上げとなっています。

お日様をイメージした「ソラちゃん」の画像

お日様をイメージした「ソラちゃん」

各社のコマーシャルのポイントは、次の通りです。

【サンリン(株)】ガスと太陽光はベストミックス編
CO2削減のためには「太陽光+ガス」がベストミックスとし、環境にやさしい「太陽光+ガス」をアピール。

【岡谷酸素(株)】岡谷酸素がお手伝い!編
太陽光発電を設置した社員宅を紹介し、「太陽光+ガス」の快適性をアピール。

【東洋計器(株)】メーターの東洋計器も太陽光発電編
計量器メーカーとして「計って分かった」こと、それはCO2削減には「太陽光+ガス」がベストマッチとアピール。

「太陽光発電+ガス」住宅の画像

「太陽光発電+ガス」住宅

3社のある長野県は、日照時間が長いため発電量が多く、また冬は気温が下がるため発電効率が高く、太陽光発電システムに適した地域と言えます。長野県の美しい自然を守るためにも、環境にやさしい「太陽光+ガス」を定着させ、地域に貢献したい考えです。