ニュースリリース 2010年7月28日

長野県地元企業
太陽光発電の講演会を開催

2010年7月28日

SBC信越放送(長野市 田幸淳男社長)は、きたる平成22年8月22日(日)に太陽光発電推進キャンペーンの一環として、講演会の開催を決定しました。本講演会には、特別協賛として、岡谷酸素(株)・サンリン(株)・長野都市ガス(株)・東洋計器(株)が参加。太陽光発電を通じて、放送局やガス会社、計量機器メーカーが協力して講演会を開催するのは、全国でも初めての試みとなります。

講演会は、SBC主催のもと、「太陽光でエコエコ!~太陽光にはガスがイイ!編~」として開催。講師には、メディアでも活躍中の森永卓郎氏(経済アナリスト・獨協大学経済学部教授)を招きます。内容は「エコで得する生活(くらし)」をテーマに、がっちり!得する生活から、実はエコな「年収300万円」などを予定しています。

また特別協賛の各社による「ガスでもっと得する!太陽光発電」についての事例発表や、プレゼント抽選会も計画しています。会場内には、太陽光発電に関する展示・説明ブースを設け、来場者の相談に答える場も用意します。

SBC信越放送は、太陽光発電のエコロジー(環境にやさしい)とエコノミー(経済的にお得)という両面の認知と、各家庭への導入推進を目的にキャンペーンを展開。これまで、テレビ・ラジオCMやイベント活動を行なってきました。協賛4社は、それぞれガス関連会社であると同時に、太陽光発電販売の担い手でもあります。

長野県は、全国的にみても日射量が多い地域。太陽光発電に適した地元から、各社普及促進に力を注ぎます。

講演会は長野市のホテル国際21で、午後2時~5時。入場は無料で限定200名とし、ハガキで応募を受け付けます。