ニュースリリース 2010年8月26日

角栄ガス(株)・(株)角栄ホームズ
太陽光発電販売をガスとリフォームの両ルートから推進

2010年8月26日

角栄ガス(株)(渋谷区 角田式美社長)は、2月より太陽光発電システムの販売を開始し、特にエネファーム及びエコウィルを組み合わせたダブル発電の営業を積極的に展開しています。あわせて太陽光に関しては、関連会社であるリフォーム専門会社(株)角栄ホームズ(渋谷区 満松憲彦社長)から、リフォームとセットにした提案活動を進めています。

(株)角栄ホームズは、7月末に千葉県のお客さまへ太陽光発電システムを設置しました。設置したシステムは、シャープ製「ND-160AW」27枚で、総発電容量は4.32kWです。現場調査から申請及び施工までを(株)角栄ホームズと東洋計器(株)にて実施しました。お客さまは「今太陽光を扱う会社は多くあるが、やはり頼むなら安心できる会社かどうかが重要となる」と、地元の(株)角栄ホームズを選んだ理由を話しています。あわせて売電単価が48円になることによる経済メリットの大きさも設置の決め手となったとのことで、「平日の昼間は留守にしているので、売電量に期待している」と話しています。

太陽光を屋根2面に設置

太陽光を屋根1面に設置

また、8月には角栄ガス(株)にて、埼玉県のガスユーザー宅へシャープ製「ND-160AW」23枚、総発電容量3.68kWの太陽光発電システムを設置しました。こちらのお客さまも、角栄ガス(株)へ発注を決めた理由として「信頼できる会社」である点を挙げており、「今まで数社から訪問販売を受けたが、信頼できる会社かどうか不安だった」と話しています。

角栄ガス(株)・(株)角栄ホームズでは、「太陽光+ガス」そしてリフォームの強みを活かし、ガス展等を通じてお客さまのよりよい暮らしの提案を進めていきたい考えです。