ニュースリリース 2011年4月20日

太陽光発電システム「自立運転」について
正しい情報提供を

2011年4月20日

「太陽光+ガス」を積極的に推進している東洋計器(株)(松本市 土田泰秀社長)は、太陽光発電システムの自立運転についての資料を作成し、配布を開始しています。

計画停電などで電力が使えなくなった場合、太陽光発電システムに備わっている自立運転モードに切り替え「自立運転コンセント」を活用することで、電力の使用が可能となります。自立運転コンセントの容量は1,500Wが上限です。そのため、エアコンやIHなどの大容量の製品などは接続できません。

接続可能な電化製品 (容量の目安等)
テレビ 約60〜200W
冷蔵庫 約200〜280W
電気ポット 約700〜1,000W
携帯電話(充電器) 約4W
炊飯器 約600〜850W、瞬停で米に芯が残る不安あり
扇風機 約400〜500W
接続不可能な電化製品 (容量の目安等)
エアコン 約1,360〜3,200W
オーブンレンジ 約1,180〜1,460W
デスクトップパソコン 瞬停でハードディスク破損の恐れあり
工業用ポンプ 大容量
大型テレビ 大容量
IHヒーター 約4,800〜5,800W

また、太陽の沈む夜間は使用できませんし、雨天や曇天時には発電量が少ないため、使用できる電化機器が限定されます。

太陽光発電システムを販売する上で、こうした正しい情報を伝えることは非常に重要で、「お客さまからの信頼性の高いガス業界から、正しい情報を提供することが大切」と呼び掛けています。東洋計器(株)では、「太陽光+ガス」推進に有効な情報を積極的に提供し、これからも「太陽光+ガス」普及に向けた活動を進めてまいります。

資料「太陽光発電の自立運転」

資料「太陽光発電の自立運転」