ニュースリリース 2017年1月11日

東洋計器(株) バングラデシュでプリペイドガスメーター6万台を受注

2017年1月11日

東洋計器株式会社(本社・松本市)は、2017年1月10日、バングラデシュのチッタゴン市にある天然ガス供給会社カルナフリガス株式会社と、プリペイドガスメーター6万台の受注契約を行った。
調印式では、カルナフリガス株式会社幹部と、東洋計器の代表として宮原清貴取締役が調印した。

東洋計器梶Aバングラデシュでプリペイドガスメーター6万台を受注

東洋計器梶Aバングラデシュでプリペイドガスメーター6万台を受注

バングラデシュは、天然ガスの埋蔵量が豊富で、同国内のエネルギー利用の約5割を占めている。
しかしながら2000年代以降の急速な経済成長に伴い、電力・産業のガス需要が急増し、加えて一般家庭ではガスが定額制料金となっており、使い放題のため浪費される傾向にある。
このため今後深刻なエネルギー不足が危惧され、将来的なガス資源の枯渇も予想されている。


こうした背景のもと、同国ではガスの効率的な利用を目的に、プリペイドガスメーターの導入を決めた。


本事業は、JICA(国際協力機構)の「天然ガス効率化事業」(円借款、2014年6月L/A調印)の一環であり、料金前払い式のガスメーターを各家庭に設置することで、ガス使用量の抑制と公平な料金体系の確立を図ろうとするもの。

同国では、2014年11月以降、プリペイドメーターの試験導入を実施しており、その効果が確認できたため、ダッカ市に20万台、チッタゴン市に6万台のプリペイドガスメーター設置を本格的に実施することになった。今回の受注分はチッタゴン市の6万台分である。

2016年に、アメリカ・中国・イタリア・ベトナムなど13社の企業が参加した予備入札、本入札が実施され、東洋計器が技術・価格両面にて落札し、契約に至った。

東洋計器では、フェリカ内蔵のガスメーターの読み取り部にプリペイドカードをかざし、チャージした金額分だけガスが使える新たなシステムを同国向けに開発した。落札金額は約16億円で、2017年3月から納入を開始する。