LPガス用漏洩検査機(セーバープロ)

LPガス用セーバープロ

セーバープロⅠの後継製品については、セーバープロⅡ・LPガス用セーバープロスマートのページをご覧ください。

該当器種

  • セーバープロⅠ GLT-SPL2販売完了
  • セーバープロⅡ GLT-SPLP1

概要

LPガス用の温度補正機能付き電気式ダイヤフラム型圧力計です。ガス配管の気密・漏洩検査を行います。

セーバープロⅠ GLT-SPL2の画像
販売完了

セーバープロⅠ GLT-SPL2

セーバープロⅡ GLT-SPLP1の画像

セーバープロⅡ GLT-SPLP1

温度計で計測しても確実な温度補正はできません

温度計で温度を計測しても下図のように露出部分と地中や壁の中では温度に差があり、確実な温度補正をすることはできません。しかも、配管内部の温度を計測する事は、事実上困難です。

セーバープロの画像

セーバープロは、温度を計測するのではありません。配管設備全体の圧力を計測することにより、温度変化による圧力への影響を予測します。

また、物理的な現象として温度が1℃変われば圧力も0.36kPa変わります。
したがってセーバープロの目盛0.01kPa=水柱マノメーター約1mmH20は、0.03℃の温度変化で影響を受けるほど微妙なのです。

電気式ダイヤフラム式自記圧力計(0.01kPa)は機械式自記圧力計(0.2kPa)の20倍の読取精度があり正確です。
しかし、その精度の高さが逆に温度影響を受けやすくしています(0.01kPaは0.03℃の温度変化で影響を受けます)。

さらに、検査の約半分は温度影響を受けています。
調査によると、検査の47%は、温度影響を受けていることがわかりました。
だから、検査には温度補正が必要なのです。

温度補正のメカニズム

セーバープロは、単なる圧力変化(低下)の計測ではなく、自動的に温度補正を行ない、漏洩の有無を判定する全く新しい検査方法です。

グラフの画像

このグラフは、温度低下の環境で計測した例です。
従来は青部分の漏洩試験による圧力低下のみで漏洩判断をしていました。セーバープロの新メカニズムでは赤部分の計測により確実な判断ができるようになったのです。
漏洩試験前の配管内の圧力(大気圧状態)を計測することにより、温度による圧力への影響を自動的に予測し、実際の計測結果と予測値を比較して漏洩を自動判定します。このグラフの場合、漏洩試験の圧力(青部分)は低下していますが、温度影響(赤部分)と比較して漏洩なしと自動判定します。

機能

自動計測

一連の流れに沿って、漏洩試験、調整器の計測を行う機能です。
セーバープロがナビゲーションを行います。液晶画面の指示に従って計測を行ってください。

手動計測

以下の各計測を個別に行う機能です。

漏洩試験<供給開始時、供給設備・消費設備点検用>

漏洩試験のみを行います。

気密試験<配管工事の完成検査用>

8.4〜10kPaに手動で加圧して検査します。
(3.0kPaまでは配管容量計測の為に内蔵ポンプで自動加圧します)<セーバープロⅠのみ>

漏洩試験〜プロモード<セーバープロⅠのみ>

漏洩試験で異常がみられた際、より高い精度で漏洩試験を行う為の独自の方法です。

調整器の計測

調整器の計測のみを行います。ガス圧、調整圧力、閉そく圧力、燃焼器の入口圧力を計測します。

手動設定計測

最高10kPa迄の加圧値と最大1時間59分までの測定時間を任意に設定し、漏洩状況を測定できます。
従来のデジタル式圧力計や機械式自記圧力計と同様な計測が可能です。
※ただし温度補正はいたしません。

配管容量の計測<セーバープロⅠのみ>

配管容量の推定に必要な計測のみを行います。約27Lの配管容量まで測定できます。
(白ガス管15A、130m相当)

現在の圧力計測

大気圧ゼロ点調整を行ったあと接続し、配管内の現在の圧力値を表示します。
水柱マノメーターと同様の計測が可能です。

登録の一覧

登録した顧客の計測結果情報(最大25件分)の表示、計測結果の印刷(セーバープロⅠは別売の専用プリンター使用時)、計測結果の削除、計測結果のパソコンへのデータ転送(セーバープロⅡはPCタイプのみ)を行います。

機器の設定

試験条件設定(以下の設定が可能です)

加圧方法の選択が可能です(ガス圧による加圧もできます)。
調整器の計測を例示基準に基づいた2通りの方法から選択可能。

仕様

セーバープロⅠ

器種 GLT-SPL2
品目 液化石油ガス用電気式ダイヤフラム式自記圧力計
用途 気密・漏洩試験及び調整器の圧力計測
測定対象流体 LPガス・空気
測定圧力範囲 -0.5~10.0kPa
最小表示目盛 0.01kPa
表示 液晶パネル128×64ドット LEDバックライト搭載(イエローグリーン)
加圧方法 高性能内蔵加圧ポンプ(配管容量計測は約27Lまで可能)及び2連球式手動ポンプによる
減圧方法 手動ボタン式
電源 充電式ニッケル水素電池5本(単三アルカリ乾電池使用可)
使用温度範囲 -10~40℃
使用湿度範囲 30~85%RH(結露なきこと)
保存温度範囲 -20~60℃
最大印加圧力 19.6kPa
寸法 全高 220mm
全幅 100mm
奥行 60mm
質量 730g以下(電池を含む本体のみ)
インターフェース 専用接続ケーブル(RS232CまたはUSB)
データ転送方法 付属 セーバープロデータ管理システムによる
パソコン作動環境 Microsoft Windows 98SE 及び Microsoft Excel 97以降対応
USB接続ケーブル使用の場合はパソコンのUSBポートが使用可能であること
検知ホースの接続 両端迅速継手式検知ホース
カレンダー 西暦、月日、24時間時計式 うるう年補正機能付き
記憶容量 25件分の検査結果の保存及び1件・全件削除方式
付属品 両端迅速継手式検知ホース、充電用ACアダプター(DC9V 400mA)、充電用ニッケル水素単三電池5本、セーバープロデータ管理システムソフト、取扱説明書、保証書、ユーザー登録書、パソコン接続ケーブル、ストラップ、気密試験用2連球ポンプ及び加圧アタッチメント

セーバープロⅡ

器種 GLT-SPLP1(パソコン転送タイプはGLT-SPLP1-PC)
品目 液化石油ガス用電気式ダイヤフラム式自記圧力計
用途 気密・漏洩試験及び調整器の圧力計測
測定対象流体 LPガス・空気
測定圧力範囲 -0.5〜10.0kPa
最小表示目盛 0.01kPa
表示 液晶パネル128×64ドット 反射型(ダークグレー)バックライト無し
加圧方法 単球式手動ポンプによる
電源 単三アルカリ乾電池 6本
使用温度範囲 -10〜40℃
使用湿度範囲 30〜80%RH(結露なきこと)
保存温度範囲 -20〜60℃
最大印加圧力 19.6kPa
寸法 全高 153mm
全幅 183mm
奥行 40mm
質量 770g以下(電池を含む本体のみ)
プリンター 印字方式:活字式シリアルプリンタ
紙送り方式:フリクション方式
記録紙:58mm幅専用ロール紙
インキング:インクロール方式(単色)
印字保証温度:5〜40℃
インターフェース 専用USBタイプパソコン接続ケーブル(注1)
データ転送方法 付属 セーバープロ データ管理システムによる(注1)
パソコン作動環境 Microsoft Windows 98SE 及び Microsoft Excel 97以降のUSBポートが使用可能なパソコン(注1)
検知ホースの接続 両端迅速継手式検知ホース
カレンダー 西暦、月日、24時間時計式 うるう年補正機能付き
記憶容量 25件分の検査結果の保存及び1件・全件削除方式
付属品 両端迅速継手式検知ホース、単三アルカリ電池6本、取扱説明書、保証書、ユーザー登録書、単球式手動ポンプ、セーバープロデータ管理システムソフト(注1)、パソコン接続ケーブル(注1)

注1 パソコン転送タイプを選択した場合のみ有効

商品一覧

セーバープロⅠ用

名前 型名 備考
セーバープロⅠ-RS GLT-SPL2-RS RS232C接続対応
セーバープロⅠ-USB GLT-SPL2-USB USB接続対応
携帯用プリンター RD-22 シチズン製
プロテクター SPL-PRO ゴム製・黒色
耐候性ロール紙(10本) RP-04 5年保存可能
耐候性ロール紙(5本) RP-05 5年保存可能
セーバープロⅠアルミケース SPL-ALC 01 オプション
ナイロンバック SPL-BAG 01 オプション
組み合わせ例
  • セーバープロⅠUSB+プリンター+耐候性ロール紙10本+アルミケース
  • セーバープロⅠUSB+プロテクター+ナイロンバッグ

セーバープロⅡ用

名称 型式 備考
セーバープロⅡ GLT-SPLP1 標準タイプ
セーバープロⅡPCタイプ GLT-SPLP1-PC パソコン転送機能付き
専用ロール紙(10本) RP-11 普通紙
セーバープロⅡアルミケース SPL-ALC 02 オプション
ナイロンバッグ SPL-BAG 01 オプション
加圧アタッチメント SPL-ATT 01 オプション
組み合わせ例
  • セーバープロⅡPC+専用ロール紙10本+アルミケース

2005年4月1日施行の例示基準改正により、様々な基準が変わりました

名称

各称の変更により、正式に保安業務用機器として認められました。
電気式ダイヤフラム式自記圧力計は、「自記」という文字が追加され、保安業務告示 第三条規則第三十一条第二号、保有しなければならない保安業務用機器「自記圧力計又はマノメーター」に適合します。

計測時間

検査基準となる10L以下の容積なら、気密・漏洩試験、どちらもたったの2分間です。
住居における配管容積の実態は、2.5L以下は10%、2.5〜10Lは86%(エイムテック調べ)であり、2.5Lを基準とした機械式自記圧力計、マノメーターで計測する場合は、90%が10分間の計測時間になります。電気式だけが漏洩検査の配管容積の基準が2.5Lから10Lに変わり、10L以下の場合、計測時間も2分間に短縮されました(気密試験も10L以下は2分間に短縮)。

合格基準

気密・漏洩の試験結果に必要な温度補正もセーバープロなら完璧です。
今回の改正により、試験中に温度変化があった場合は、温度補正が必要となります。温度補正の定義として温度上昇も対象になります。

計測した結果、圧力の変動のないものを合格とする。
測定した結果、圧力の変動のないものを合格とする。この場合、圧力の変動がないものとは、気密試験/漏洩試験の始めと終わりの測定圧力差(気密試験/漏洩試験の始めと終わりに温度差がある場合は温度補正をしたものをいう)が圧力測定器具の許容誤差内にあるものをいう。

温度補正の解釈としては、従来、圧力低下がある場合は再検査したり、後日、再検査しなければなりませんでした。しかし、今回の改正で、「見かけ上圧力低下があっても温度補正後の圧力低下がなければ再検査せずに合格と認める」といった合理的な考え方です。

比較検査

電気式ダイヤフラム式自記圧力計だけが、12ヶ月に1回の比較検査でOKです。
比較検査は従来の6ヶ月から、電気式ダイヤフラムだけが12ヶ月に延長されました。また、従来の水柱マノメータとの比較検査からセーバープロ同士の比較検査が可能となりました。

セーバープロだけがすべての改正に適合します。

セーバープロ導入事例

導入先 A社(セーバープロ35台使用) B社(セーバープロ7台使用)
導入背景
  • 人の判断ではない判断基準の統一性が必要であった。
  • 夕方時に温度影響により圧力が下がってしまいその判断に苦慮していた。
  • 保安のプロフェッショナル集団としてガス販売事業者の「自主保安」をサポートする為により精度のよい保安機器(電気式ダイヤフラム式自記圧力計)の導入の検討していた。
  • 例示基準の改正により電気式ダイヤフラム式自記圧力計の計測時間の短縮効果を出したい。
  • 夕方時に温度影響により圧力が下がってしまいその判断に苦慮していた。
導入のメリット 時間短縮
  • BR表示の対応作業平均時間(異常なしのみの集計)
    機械式:43分・セーバープロ:37分⇒6分の短縮化
  • 計測時間の短縮化は操作の慣れとともに図られてきた。
経済効果(コスト削減)
  • デジタル化(ペーパーレス)されたことにより、結果管理コストの削減が図れた。
  • 1日あたりの点検件数が20〜30%程度増加。
正確な検査
  • 温度補正により、夕方でも正確な検査ができ、かつ検査員の勘に頼ることなく検査ができるようになった。
  • 温度補正により、夕方でも正確な検査ができるようになった。
その他
  • 従来の機械式自記圧力計より軽量なので持ち運びが楽になった。疲労度も緩和。
  • 製品外観についても従来の機器に比べデザイン性が高く、一般消費者の興味も高い。
  • 自社の保安台帳に温度補正の項目を追加。
  • 圧力低下があっても温度補正後の漏えい試験の結果で漏えいの有無を判断。
主な使用方法
  • 自主保安の際に使用。燃焼器等の販売やリフォームの提案に使用。
  • 年々高まるガス販売事業者の「自主保安」をサポートする為に、保安のプロフェッショナル集団をして使用。

漏洩試験の表示サンプル

セーバープロなら微妙な変化も詳しくわかります。

漏洩試験の表示サンプル

漏洩試験の表示サンプルの画像

漏洩試験中に圧力が下がっています。通常ならこれだけ見ると、漏洩か温度影響による圧力低下か判断できません。しかし、漏洩試験前に行う温度影響測定で圧力の低下が発生している事がわかります。

漏洩試験<SPⅠ(ガス圧)・SPⅡ>の表示サンプル

漏洩試験<SPⅠ(ガス圧)・SPⅡ>の表示サンプルの画像

上のように、漏洩試験の開始圧力と終了圧力において、-0.05kPaの圧力低下があっても、「温度補正後の圧力低下」値が0.00kPaを表示すれば漏洩はありません。
※セーバープロⅡは配管容量を表示しません。

漏洩している時のサンプル

漏洩している時のサンプルの画像

温度補正後の圧力低下値がマイナス(−)で表示された場合は漏洩の疑いがあります。

漏洩試験<SPⅠ(自動加圧)>の表示サンプル

漏洩試験<SPⅠ(自動加圧)>の表示サンプルの画像

セーバープロⅠにおいて、漏洩の疑いがある際には「漏洩試験〜プロモード」で計測を行ってください。より高い精度で漏洩試験を行います。

印字サンプルの画像

セーバープロデータ管理システム

業界初!パソコンで計測結果を管理できます。

試験結果のグラフ

試験結果のグラフの画像

セーバープロにはデータ管理用ソフトウェア(Excel仕様)が付属しております(セーバープロⅡ標準タイプには付属・対応しておりません)。お使いのパソコンにインストールして頂きますと、セーバープロに蓄積された試験結果データをパソコンへ転送して蓄積し、パソコン上で簡単に気密・漏洩試験結果を管理する事が出来ます。

漏洩試験だけでなくマイコンメーターの微少漏洩警告(BR表示)の判断にも最適

配管設備の設置状況やガス使用パターンによってBR表示する場合があります。より正確なBR表示の判断にはセーバープロⅠが最適です。

  • 温度変化による圧力への影響を自動判定しますので、気密試験・漏洩試験時の温度影響を気にする必要が無くなります。
  • 気密・漏洩試験だけでなく、調整器の圧力計測にも対応。
  • ガス圧による加圧も可能となりました。
  • 操作は簡単。液晶画面のナビゲーションに従って計測すればOK。

セーバープロⅠのオリジナル機能

  • 環境にも優しい充電式で、液晶画面は夜間でも使用可能なバックライト付です(セーバープロⅠのみ)。
  • 携帯用プリンター(別売)により、その場で計測結果をプリント可能です(セーバープロⅠのみ)。
  • 内蔵された高性能ポンプで設定圧力まで自動加圧し、配管容量を自動測定します(セーバープロⅠのみ)。