太陽光発電システム関連

「ガス発電」+「太陽光発電」高機能システム SARPCO

該当サービス

  • 「ガス発電」+「太陽光発電」高機能システム SARPCO

概要

分散型電源である「ガス発電+太陽光発電」の普及に向け、エネルギーの地産地消を提案するシステムです。「ガス発電」と「太陽光発電」で作られた電気の同期を可能にすることで、同一設備(供給先)で同時に両方の電気を使用することが可能です。

概要
概要

※機種の選定には制約がございます。

導入のメリット

商用購入電力を削減

コージェネレーションと太陽光発電システムを同時に使用することで、契約電力の削減、電力のピークカットが見込めます。

商用購入電力を削減
停電時の備えとしても活用

停電時、稼動を確保したい設備機器にガス発電と太陽光発電から電力を供給します。
「太陽光発電」と「ガス発電」を活用すれば、非常時に一定期間電力を提供することができます。BCP対策、保安電源の確保につながります。

停電時の備えとしても活用

※蓄電池の設置もオプションで追加可能です。

※詳しくはカタログをご覧ください。

よくあるご質問

コージェネレーションの発電出力はどれ位ですか?
9.9KW〜35KWのマイクロコージェネを対象としています。
太陽光発電システムはどれ位の大きさが適していますか?
停電時のガス発電定格発電出力よりも、小さい太陽光発電容量を推奨しています。
どのような施設に適していますか?
お湯をたくさん使う高齢者福祉施設や病院におすすめしています。
(コージェネレーションの場合)
システムを導入した場合でも、蓄電池は使用できますか?
はい。もちろん利用できます。オプションで追加可能です。
システムの利用には、ガス発電システムと太陽光発電システム以外に何か装置が必要ですか?
太陽光発電システムを制御する装置を設置します。
これを設置することにより、停電時も太陽光発電システムの発電量を無駄なく使用することができます。
システム導入の際、使える補助金はありますか?
はい。機器導入の際に使用できる補助金がございます。詳しくはご相談ください。