信州の自然やイベント

2017年8月1日 信州の渓谷

涼しさを求めて

今年も夏が到来しました。いつもはカラッとして比較的過ごしやすい松本ですが、今年はジメジメと湿気を帯びた日が多く、蒸し暑い日が続いています。
今回は、そんな暑い夏にぴったりの、清涼感あふれる信州のスポットをご紹介します。

※写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。美しい信州の自然を大きな写真でご覧下さい。

乙女の滝

乙女の滝

(撮影:水道松本工場水道試験係 宮下大)

1つ目は、長野県の東部に位置する、南佐久郡佐久穂町の「乙女の滝」です。
森林に囲まれた古谷渓谷の中にある滝で、巨大な石をはさみ、二筋に分かれて落下します。

真白な水しぶきをあげて流れ落ちる様は迫力満点で、今にも水の音が聴こえてきそうですね。

乙女の滝という名は、猟をする若者と美しい娘が結ばれたという伝説からだそうです。

秋には紅葉を、冬には見事な氷柱を楽しむことができます。

秋の佐久穂町

こちらは紅葉シーズンの佐久穂町の様子。
のどかで美しい里山の風景が広がります。

犬ころの滝

犬ころの滝

(撮影:水道松本工場水道試験係 宮下大)

2つ目は佐久穂町の南に位置する、南佐久郡南相木村の「犬ころの滝」という不思議な名前の滝です。

苔むした岩場を幾本にも分かれて流れ落ちていきます。落差10mほどで、滝の幅が広いので見応えがあります。

近くには温泉もあり、滝の音を聞きながらつかる温泉は、とても癒されそうです。

阿寺渓谷

阿寺渓谷


阿寺渓谷

3つ目は、長野県の南部、木曽郡大桑村の「阿寺渓谷」です。

木曽川の支流・阿寺川を形成する渓谷で、その美しい水の色は「阿寺ブルー」と呼ばれています。澄んだエメラルドグリーンが特長の、全国でも屈指の美しい川です。

驚くほど水の透明度が高く、深い場所でも川底まではっきりと見えます。
光の当たり方によって濃淡や色味が変化し、息をのむ美しさに圧倒されます。