東洋計量史資料館

イメージ:ご利用案内ご利用案内

イメージ:東洋計量史資料館2

「計量は文明の母である」「文明は計ることから始まった」

日本計量史学会創始者のおひとりである、岩田重雄博士の言葉です。
古い秤・枡・物指は、計ることに対する人間の叡智を示す、貴重な宝です。
生活の中で大切に使われてきた度量衡を、未来のために収集し、大切に保存して行こうと決意された何人もの巨人に、私は日本計量史学会で、ご交誼を賜る幸いを得ました。

小林健藏師匠は、45年間一身を賭して奥様と共に、度量衡の収集・保存を行って来られた日本の第一人者です。自ら「秤乃館」を運営され、板書の墨書は、杉本健吉画伯が描かれたものです。

山下喜吉さんは、「ものがなくなることは、技術がなくなることだ」との信念のもと、プロの秤職人として34年間、ご専門の優れた識見を持って、天秤や分銅などを収集されて来られました。横山進様は、不動産関連の仕事から、土地の測量・地券・度量衡へと関心を広められ、多くの貴重な品々を集められました。

岩田先生・小林健藏師匠・山下喜吉さん、横山進様、皆様の収集された度量衡を、私ども東洋計器がお預かりすることになりました。

「東洋計量史資料館」では、小林健藏ご夫妻が集められた「秤乃館」の品々を中心に、ご縁を頂きました皆様、並びに土田が収集した度量衡関連の資料を、一般公開致しております。

当館では 1万2千点を越える古い度量衡を、東洋計器本社にある「岩田文庫」では、5万点にのぼる計量史関連書籍・資料を、保管しております。「計量史」の資料館として、国内最大の規模です。展示の技術的指導は、前田親良工学博士(大阪工大名誉教授)に賜りました。展示品をご覧になられ、「計ること」の大切さをご理解頂ければ幸いです。


                                                                  東洋計量史資料館

                                                                  館長 土田 泰秀

 

 

 

【 館長ご挨拶 英訳 】

 

Director’s Greeting

 

“The Measurements are mothers of the Civilization”, “The Civilizations began with Measurements” said Dr. Shigeo Iwata, former chairman of the Society of Historical Metrology, Japan.
Old balances, Masu (traditional Japanese measuring cups made of wood), rulers are a concentration of the wisdom of mankind with respect to measuring.
At the Society of Historical Metrology, I am lucky enough to meet several “giants”, who decided to collect and preserve measures used in our daily life for the future.
Mr. Kenzo Kobayashi is the leading person who had collected and preserved historical scales and measures for 45 years with his wife by hard work. He had run “Hakari no Yakata (which means “the House of measures”)”, and the hand-lettered calligraphy signboard in our museum, which was originally in that building, is written by Kenkichi Sugimoto.
Mr. Kiyoshi Yamashita had collected balances and weights for 34 years because he has the belief that “losing old things means losing technology” as a professional scalemaker with rich knowledge.
Mr. Susumu Yokoyama was interested in survey, certificates of land title, scales and measures because he had a job selling real estate, so that he had collected many such valuable things.
Fortunately, Dr. Iwata, Mr. Kenzo Kobayashi, Mr. Kiyoshi Yamashita and Mr. Susumu Yokoyama have decided to donate their valuable collections to TOYOKEIKI.
“Toyo Measurement equipment History museum” displays measurement equipment that such experts and I have collected, which is mainly taken over by Mr. and Mrs. Kobayashi of “Hakari no Yakata” and opens them to public.
This museum stores more than 12,000 old scales and measures and “Iwata Library” in the TOYOKEIKI headquarters building does 50,000 books relating to the history of measurement.
This is one of the largest museums of the measurement history in our country. Dr. Chikayoshi Maeda, who has a Ph.D. in Engineering, is kind to have given us the technological instruction related to display.
We would really appreciate if you can get the importance of “measuring” by viewing exhibits.

 

Yasuhide Tsuchida

The director of Toyo Measurement equipment History museum

                                                          

 

 

イメージ:所在地所在地

所在地
所在地
〒390-0813
長野県松本市埋橋1-9-18
「東洋計量史資料館」
TEL

080-9741-3795(担当直通)

0263-48-1121(東洋計器株式会社)

FAX 0263-48-1130(東洋計器株式会社)
E-MAIL info-hakari@toyo-keiki.co.jp
イメージ:地図・アクセスはこちらから
イメージ:東洋計量史資料館1
イメージ:東洋計量史資料館2

イメージ:開館時間・料金開館時間・料金

開館時間・料金
入館料
大人(高校生以上)/500円
小人(小・中学生)/200円
※小学生未満 無料
団体割引

20名様以上のご利用~

大人(高校生以上)/400円

子供(小・中学生)/100円

※事前にご予約ください

開館時間

10:00~16:00

(最終入館は15:30まで)
休館日

3月~11月は毎週月曜日

12月~2月は全日休館(冬季休館)

※団体で来館ご希望の際は

 お問い合わせください

 

 

イメージ:ご予約・お問い合わせはこちら
イメージ:ページの先頭へ戻る